HOME
  • 建物の登記

建物の登記

建物表題登記

建物を新築した時や、建売住宅を購入した時に行う登記です。

建物滅失登記

建物を取毀した時、地震や火災等により建物が物理的に滅失した時、建物は存在しないのに登記簿だけが残っているような時などに行う登記です。

区分建物表題登記

区分建物であるマンションを新築した時に行う登記です。区分建物(マンション)の場合には、この表題登記の申請義務を負うのは原始取得者、すなわち、その区分建物を建築した人(会社)に限られています。

建物表題変更登記

建物を増築したり、一部を取毀したりして、建物の床面積に変更が生じた時、 附属建物を新築した時、建物の敷地の分筆又は合筆により敷地の地番が変更した時などに行う登記です。

その他の建物登記

・ 建物分割登記
・ 建物合併登記
・ 建物合体登記
・ 建物区分登記

 なども行なっております。

建物を取毀した時に必要な登記です。
建物表題登記(新築登記)も一緒に行うこともできますので、お気軽にご相談ください。
尚、建物滅失登記と建物表題登記(新築登記)をセットでご依頼の場合には、
特別価格にて承ります。

ページの先頭へ