測量

現況測量

現況測量とは、現在ある建物の配置やブロック塀の位置、境界標、塀、柵などの構造物の位置や道路・水路などを図面化するための測量で、土地境界に関しては立会いなどの確認を行わない、現況を知るための測量をいいます。
現況測量は、あくまでも現在の土地の状況をそのまま反映させただけの測量であり、土地の境界については、調査や確認を行わないため、算出される土地の面積は「現況面積」と呼ばれ、境界確認後の「確定面積」とは寸法や面積が異なってくることが多いため、注意が必要となります。

主に建物を建築する際に、おおよその形状や面積が知りたい場合や土地の売却を検討しているが、事前におおよその面積が知りたい場合などに行う事が多いです。

将来、起こりうるかもしれないトラブルを防止するためにも、出来る限り、土地境界確認や境界確定は行っておくべきでしょう。

真北測量

「北」には、真北と磁北があります。地球の自転軸の北端(北緯90度地点)を指す方位を真北と言い、コンパスの北は磁北と言います。真北と磁北にはズレがあり、建築基準法では真北を北として用います。
真北測量とは、太陽による方位角観測などで真北を求める測量です。
マンションやアパートなどの建物を設計する際、建築基準法による北側斜線制限や日影規制などを調査するために必要とされることがあります。
指定された現況平面図等に真北の取り付けも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

高低測量

高低測量とは、敷地の高低差を調べる測量です。建物の建築・設計に際して必要になることがあります。

上記3つの測量は全て建物を建築する際にセットで行うことが多い測量です。
まずはお気軽にご相談ください。

道路セットバックライン協議

セットバックとは道路の幅員が4m未満の場合、道路の中心から2m後退することを言います。
前面道路の幅員が4mに満たない土地に新たに建物を新築する場合、道路の中心から水平距離で2m後退しなければなりません。
このセットバックラインを決めるには役所等に申請や協議が必要になります。
当事務所ではこのセットバック協議も行っております。

位置指定道路の申請・一部廃止

位置指定道路とは、建築基準法上の道路のひとつで、特定行政庁が道路位置の指定をした道路です。建売住宅や土地の分譲をする目的で土地を区画割りする場合、全ての区画が道路に面するように築造しますが、その道路が建築基準法上の道路として認められないと、その道路に面する区画は建築をすることができません。
幅員が4m以上あり、かつ、一定の技術的水準に適合する道路を築造して位置指定道路の認可を得ることにより、建築基準法上の道路と認められます。位置指定道路は、建築基準法の要件を満たす私道です。
位置指定を受けるまでは建築確認を取ることができません。

土地境界確定測量

土地の売買・相続などに際して、土地の境界を確定したい時に、隣接地との境界及び道路との境界を調査・測量を実施し、隣接地の方と境界立会・確認後、境界標を設置いたします。
当事務所では、この境界確認・確定に特に力を入れて行っております。
隣接する土地の地主とのトラブルを未然に防ぐためにも、最初にしっかり挨拶をすること。そして、双方が納得する「境界」を確定すること。
当事務所では近隣との対応も礼儀をつくし、誠意ある対応を心がけています。

土地境界確定測量

土地境界確定測量の手続きの流れ

ご検討

土地境界確定測量を検討

土地の売買や相続などに際して、隣接地所有者や隣接する道路管理者と土地の境界を確定させたい場合に境界確定測量が必要です。私共、土地家屋調査士がご依頼を頂いて、測量業務を行います。

見積金額のご提示

物件にかかわるすべての方が満足する調査・測量・登記を実践するため、価格においても、誰もが納得する適正金額を設定しています。 そのため当事務所では、着手前に必ず無料でお見積書をお渡しし、内訳を詳細に提示。 ご了承をいただけましたら着手することとしています。

ご依頼

以前の測量図や過去に隣地所有者との境界確認書等の資料をお預かり致します。 また、今までの土地の経緯や状況をお伺いし、境界トラブルや越境物の有無等の確認をさせて頂き、測量の流れをお説明いたします。
調査・測量

資料調査

お預かりした資料をもとに、区役所・法務局等の役所で資料調査を実施いたします。

現地調査

お預かりした資料や調査資料をもとに現地の境界や利用状況等の調査を行います。
同時に、ご依頼者様と一緒に、隣接地の所有者様にご挨拶に伺い、測量の主旨やご協力のお願いのご説明をさせて頂きます。

測量業務

隣接地及び道路との境界を確認しながら現地の測量を行います。
既設の境界標や道路境界標、現地の形状や建物の位置やブロック塀等、境界確定に必要な現地の状況を測量します。
測量業務

測量結果分析及び資料精査

測量結果に基づき現況の図面を作製し、お預かりした資料や調査資料や現地の利用状況を照合・精査し、公正な境界ラインを確定するためにあらゆる検討を行います。
官民境界も確定する場合には、道路管理者である役所に申請をして、担当者と協議を重ね、道路ラインを確定していきます。
境界線設置

隣地所有者と境界立会・確認

境界確定測量において、一番大事な作業になります。
隣接地所有者様との境界立会を行い、利用状況や経緯を伺い、調査資料に基づき、正確な境界ラインのご説明をいたします。
隣地所有者と境界立会・確認

境界標設置

隣接地所有者様との境界立会・確認した後、承諾を頂いた上で、境界標がない箇所については、新たに永続性のある境界標を設置いたします。
報告

測量成果・図面作成

当事務所では、わかりやすい土地境界確認書と確定求積図を作成し、図面、境界、確認書、案内図など調査にかかわるすべての調査資料を含め、全て1つの「調査測量成果」としてファイリングしてご依頼者様にお渡ししております。また、わかりやすいだけではなく、財産として保管しやすいよう丁寧に装丁しています。
測量成果・図面作成

調査測量成果納品

「調査測量成果」とお預かりした資料を全てご依頼者様にお渡しして、境界確定測量業務が一通り完了となります。
その後、必要であれば、土地地積更正登記や土地分筆登記へと進むことになります。

調査・測量・登記はもちろんさまざまな社会経験を持つスタッフが円滑な取引をサポートします

一度、お気軽にお問い合わせを頂ければ、詳細をお伺いしてご説明いたします。

TEL 03-5367-9939

お問い合わせ

ページの先頭へ