メルマガバックナンバーMAIL MAGAZINE

土地を守る確定測量は、立会が重要

土地を分割したり、開発許可申請をする場合等には、

土地取引の安全性を図るため、測量して、

境界標がない場合には境界標を埋設し、

正しい境界が標された境界確定図を作成する必要があります。

その場合、測量地に隣接するすべての土地の境界について、

隣地所有者(又は管理者)に現地で確認してもらい、

全員の押印をもらわなければなりません。

 図・1の例では、ABCDEの所有者に立会ってもらい、

全員の確認と押印をもらいます。

図・1:隣接所有者1


また、既設の境界標がある場合でも、その境界について、

関係者がお互いの境界として認識しているか確認が必要です。

図・2の例では、CDEの所有者に立会ってもらい、

全員の確認と押印をもらいます。


図・2:隣接所有者2


さらに、道路・水路に接する土地の測量をする場合は

「道路・水路の境界立会い」が必要です。

図・3の例では、

(1)隣接所有者の立会いを求める場合:AEの所有者
(2)対面土地所有者の立会いを求める場合:Fの所有者

に立会ってもらい、それぞれ確認と押印をもらいます。


図・3:隣接所有者3

(注)市町村、又は個別事情により上記と相違する場合もありますのでご了承下さい。

もっと詳しくお知りになりたい場合は、ぜひお気軽に弊社までお尋ねください。



土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所

代表社員  横田  教和

はじめまして~ご挨拶~

初めまして。

9月より入社いたしました、藤木智圭(ふじきともよし)と申します。

 以前はIT関係の会社に勤めていました。

畑違いではありますが、プライベートで土地家屋調査士の仕事に興味を持ち

ご縁があり入社いたしました。

 

入社したころは暑くて汗だくでしたが、今はもう肌寒い季節ですね。

私は暖房を解禁してしまいました。

 

自己紹介をさせてください。

私は、生まれと育ちは岡山県で、この度横浜に引っ越してきました。

趣味はモータースポーツ映画を見ることです。

冬にはスノボにも行きます。

最近あまりできてませんが、、。

 

好きな食べ物は寿司、ラーメンです。

嫌いなものは特にありません。

お酒も好きですが、横浜に来てから体重が増えてしまっているので、

ここ最近は少し控えるようにしています。

 

先日一度食べてみたかった吉村家に行きました。

平日の空いていそうな時間を狙っていきましたが20人くらい並んでいました。


とてもおいしかったので並んだかいがありました。

有名だと思いますが、もし食べたことない方がいれば、是非食べてほしいです。

 

おいしい店を開拓中ですので、おすすめのお店があればぜひ教えてください。

好奇心旺盛でいろいろなことにチャレンジしてみたいと思っているので

ぜひ誘っていただけると嬉しいです。

 

この業界は未経験でわからないことだらけですが、

いち早く貢献できるよう精進いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。                      

 

土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所

 

藤木 智圭

新築・増築で、融資のために登記したい

土地家屋調査士の横田です。

Question

新築・増築で、融資のために登記したい時は、どうすればいいのでしょうか?
Answer

建物を新築して融資を受けるには、事前に2つの登記を完了しておく必要があります。

最初に建物表題登記土地家屋調査士が行います。

これは建物が何処に建築されて、どんな目的で使用され、木造か鉄骨造り他、屋根の材料は何か、

床面積はいくらあるか、所有者はだれかなどを登記します。

次に建物保存登記司法書士が行います。

これは第三者対抗用件と言い建物の所有権を他人に主張できる権利を得ることができます。

その後に融資を受けるための抵当権設定登記を行い、初めて融資が実行されます。

つまり登記簿は、表題部甲区(所有権)乙区(所有権以外の権利)と3部から出来ています。

土地の登記簿も同じです。

但し借金等がなければ乙区が設けられない場合もあります。

登記事項証明書(建物)の例:

登記事項証明書(建物)例

もっと詳しくお知りになりたい方は、弊社までお気軽にお尋ねください。

 
最後までお読みいただきありがとうございました。



土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所

代表社員 横田 教和

はじめまして~ご挨拶~

皆さま、初めまして。

7月から入社したシュレスタ ビシュオ ラジと申します。

これからどうぞよろしくお願い致します。

 

まず、私の自己紹介をしたいと思います。

出身はネパ-ルです。

家族は4人います(父、母、妹と私)

趣味は サッカーすることです。

好きな 食べ物は ネパ-ルのごはん、ラ-メン、ナンです。

 

私は中国とインドの間の国ネパ-ルに生まれました。

子供の時からサッカーは大好きだからずっとしました。

ときどき一番なったこともありました。

私の大好きな選手は CHRISTIANO RONALDOです。

私はネパ-ルで科学の勉強をしました。 そして洋服の店で5年ぐらい仕事をしました。

先輩から世界で一番いい国は日本と聞きましたので私も2016/10に日本の福岡に参りました。

1年6カ月日本語学校で勉強して、いろいろなアルバイトをしました。

アルバイトで ずっと 頑張ってリーダーにもなりました。

アルバイトはヤマト、コンビニ、お弁当です。

日本語学校終わったら国際貢献専門大学校に入りました。

ITの勉強をしていろいろな会社の面接を受けました。

その中で測量の仕事をいいと思って 共立測量登記事務所選びました。

これから測量の仕事ずっと頑張っていろいろな経験をさせてもらって、

ネパ-ルに帰って会社を作りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

共立測量登記事務所 シュレスタ ビシュオ ラジ

道路対向地でも境界立会が必要なのか

Question

私は道路向かいのEさんから、家を建て替えるので測量に立ち会って欲しいと頼まれました。

直接隣接しているわけでなく、道路の向かい側でなぜ境界立会が必要なのでしょうか?

Answer

結論からお話すれば、是非とも境界立会に協力していただきたいと思います。

これは、お向かいさんのためだけでなく、あなたにとっても大変重要な意味があるからです。

道路対向地の所有者から境界立会を求められる場合は、

道路の幅が4メートル未満になっていることが考えられます。

住宅など建物を建築する場合、建築用地が

「幅員4メートル以上の建築基準法上の道路に2メートル以上接道していなければならない」という

接道条件をクリアする必要があります。


例えば、建築基準法42条2項道路を例に説明します。

道路の現況元幅が3メートル96センチしかなく、

必要な道路幅4メートルより4センチ狭い道路であったとすれば、

元の道路幅から道路中心鋲を設置します。

この鋲を結ぶ道路中心線からお互い2メートルづつ平行に後退した線が

建築可能な道路幅になるわけです。

もしEさんよりも、先に建築確認を取る場合は、

逆にEさんや他の隣地所有者に同様の境界立会をお願いすることになります。

境界立会の「おたがいさま」というのが、道路対面の土地所有者にも言えることで、

お互いに道路幅4メートル以上で確定するように

話し合いをしなければならないところに重要な意味があるのです。

このような狭い道路についてセットバックすることを

狭隘(きょうあい)道路協議と言います。

この協議が完了すれば、新築のための建築確認に入ることができます。

ちなみに、この土地を売買するような場合(実測売買)は、

売主側に狭隘道路協議の負担義務があります。

 

実務では、道路中心線からキッチリ2.00メートル後退した位置に

後退杭を打つことはしないのが普通です。

誤差を考慮しない処理をすると、部分的に幅員不足になる恐れがあります。

誤差には測量誤差、境界標の設置誤差がありますし、

図面表示のミリ単位の丸め処理、又は地震等の物理的影響も考慮に入れると、

完璧に4メートル以上の道路幅を確保し表示するため、

最低でも4メートル1センチ以上

可能なら中心線からお互い1センチずつ余裕を持たせて

2.01メートルずつ後退するのが安全な処理です。

車のハンドルは必ず遊びの部分があります。

この遊びがないと怖くて運転できません。

道路幅も同じことが言えます。

幅に少し余裕を持たせることで不要なトラブルを予防することができます。

もっと詳しくお知りになりたい場合は、ぜひ弊社までお気軽にお尋ねください。




土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所
代表社員 横田 教和

雨の日の休日には

雨が多くて、蒸し暑く、天気が悪い日が続いていますね。

それをいいことに休日は家でゴロゴロ・・・

などできるはずなく、子供たちが家で暴れまわっております。

体だけでなく、頭も使いましょうということで、最近の我が家のブームは「将棋」です。

子供はひたすらゲームとしての将棋を楽しみますが、

大人になってから改めて将棋と向き合うと、

ただのゲームではない、少し違った見え方もあります。
 


将棋の駒は8種類

それぞれ動ける箇所が違く、動きが最も限られた「歩」から、

派手に飛び回れる「飛車」「角」まで。

単純に考えれば、駒に優劣があるように思えますが、

「歩」「香」「桂馬」など地味目な駒にも大いに活躍できる場面がある。

勝敗を分けるのは「組織マネジメント」まるで社会の縮図のよう。

 

良いときは焦らず最善の一手を。

悪いときはできない理由をあげるのではなく、「どうしたらできるか」をとことん考える

 

9×9の盤面の上に社会を感じる今日この頃。

皆様休日はいかがお過ごしでしょうか?

 

雨の日の休日、家遊びで「将棋」おすすめです。

 

 

土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所

吉川卓

境界立会への協力は必要なのか

Question

お隣さんから、家を改築するため土地の測量に立ち会って欲しいと頼まれました。

土地家屋調査士のAさんという方も一緒でした。

市道の管理をしている役所の担当者も来るとのことで、

1週間後(平日)の10時にお願いしたいとのことでした。

私は仕事が忙しく、いくらお隣さんのためとは言え、

平日に会社を休んでまで立会に付き合っている暇はありません。

それから、1~2本境界杭がないとしても、

昔からブロック塀で囲まれている土地なので、境界ははっきりしていると思います。

それでも境界立会に協力しなければならないのでしょうか?

Answer

結論からお話すれば(平日に休むかどうかは別として)

是非境界立会に協力していただきたいと思います。

お隣さんとの境界は、あなたにとっても大切な境界です。

つまり、お隣さんと土地境界を確定するということは

裏を返せばあなたの土地の境界をはっきりさせることになります。

ブロック塀があったとしても、コンクリート杭などの境界標がなければ

客観的に境界が明確になっているとは言えません。

また、土地家屋調査士と一緒に挨拶に来たということは、

立会後に境界確定測量をして地積更正登記分筆登記などを予定しているのかもしれません。

このような登記を申請する際には、地積測量図という復元性のある精度の高い図面

法務局に提出することになります。(永久保管される

もし現地に境界標がなければ、土地家屋調査士が

法務局や役所あるいは個人が保管している図面などを収集しながら、

現況測量を実施して公平公正な立場で立会を実施し、境界が確定したら、

境界杭(コンクリート杭や金属鋲など永続性のある境界標識)を設置し

図面(土地境界確定図)を作成します。

この図面は複数枚作成し、一部は役所の担当課にも納めることになります。

このような登記測量業務の報酬(土地家屋調査士に支払う報酬)は、

通常、境界立会をお願いしている側、つまり隣地所有者が費用の全額を負担することになります。

あなたは境界立会に協力することで、

無料で隣地との境界がはっきりして杭まで打ってもらえるという大きな利点があるのです。

このことを良く考えて見ると、金銭的なメリットも確かに大きいのですが、

今後、あなたが境界立会をお願いしなければならない立場になるかもしれないのです。

例えば、今回のように家を新しく建て替えるためセットバックするとか、

子に土地の一部を贈与する(分筆のため)とか、

土地を売る(地積更正登記のため)とか、

物納(相続税のため)するとか、

ブロック塀や擁壁を新設するとか、いろいろなことが考えられます。

このようなことは、人生に於いてそう多くあることではありませんが、

土地を所有していれば、誰でもこのような場面に直面する可能性があります。

これらの目的を達成する前提として、必ず土地の境界立会が必要になります。

ですから、土地の境界立会は、「おたがいさま」なのです。

もし平日の立会が無理なら、事前に土日とか都合のいい日時を土地家屋調査士に告げて、

個別立会で調整してもらって下さい。

境界立会はあなたにとって損なことは全くありません。

是非とも積極的に協力していただきたいと思います。

尚、立会が終わって数日後に土地家屋調査士から署名境界承認印の押印を求められますので、

その際は、しっかり確認し、押印する図面の控えを貰っておいて下さい。

それが今後のあなたの土地の管理に大いに役立つことと思います。

もっと詳しくお知りになりたい場合は、

ぜひ弊社の土地家屋調査士までお気軽におたずねください。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所
代表社員  土地家屋調査士   横田 教和

SNSを活用する理由

 こんにちは、共立測量登記事務所の巴川(はがわ)です。

木々の緑の深みも増し、夏めいてまいりましたが、

皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、弊社も最近ソーシャルネットワークに力を入れ始めました。

SNSを営業ツールとして活用し情報発信を行っています。

これからの時代を担う若者は、今まさにSNS世代です。

Instagram、Facebook、Twitterは3大SNSと言われていますが、

その他にもYouTubeやTikTokなど、把握できないほど、

数多くのコミュニティがあり、世界中でSNSは主流となっています。

今SNSは人と出会う場所にとどまらず、情報と出会う場所へとなっています。



『ググる』という言葉をご存じの方は多いかと思われます。

言葉から予想できる通り、検索サイトGoogleを使って検索することを意味します。

電通メディアイノベーションラボの天野彬さんによると

今この『ググる』という言葉は、『タグる』という言葉に変化を遂げているそうです。

InstagramやTwitterなど、SNSで情報を探すとき、鍵になるのはハッシュタグです。

ユーザーはハッシュタグを使って、情報収集をしたり、

コミュニケーションの幅を広げたりするようになっています。

そのようなSNSの利用法を指して『タグる』というコンセプトを提唱しているそうです。

『タグる』とは『ハッシュタグ』『手繰り寄せる』という二つの言葉を合わせた掛け言葉で

ユーザーが発信する情報をユーザー同士で集めたり

役立てたりする情報行動を示しているそうです。

近年ではユーザー数も増え、その情報量は膨大で本当のリアルタイムで

その気になるワードを調べることができます。


私自身も遠出の外出や旅行の際、土地名をハッシュタグで検索し、

例えばどんなお店の食べ物がおいしいか、

どんな観光スポットが人気あるか、花などの満開情報など、

たくさんの方々がその瞬間に投稿をしているため、

それらの情報から計画を立てることが多いです。

Googleよりもまずはハッシュタグ検索という意識が強くなっています。

またハッシュタグには、名称の他に、

#〇〇好きと繋がりたい#〇〇部などタグることで情報を収集でき

関心があるコミュニティを繋げられるようなハッシュタグもあるため、

共通の物事に関心を持つ人を簡単に感じられることができます。

また#コロナウイルスが終息しますように、などの、時事ネタのハッシュタグなども多く見られ、

時代を表すメッセージ性があるものも人気となっているそうです。


Instagramにおいては、日本のユーザーは、

ハッシュタグ検索を世界の3倍も使っているというデータも出ています。

日本はタグる文化の中心ということですね。

 

弊社は営業ツールとして、Instagram、Facebook、YouTubeなどを利用し、

業務内容である登記や測量に関する情報を発信したり、

社内の様子がわかるような、どんな人が働いているのか、

こんな会社だったら面接受けてみたいなぁと思われるような、

採用に繋がるような投稿を意識しています。

まだまだ始めたばかりなので試行錯誤しながら頑張っています。

ぜひフォローをよろしくお願いいたします!

では最後までお読みいただきありがとうございました。

 

土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所

巴川 菜つみ

境界確定訴訟と筆界特定制度の相違点

Question


境界確定訴訟と筆界特定制度の相違点は?


Answer (平成17年11月6日現在の情報です)


境界確定訴訟と筆界特定制度の相違点は以下の通りです。

 



(1)境界確定訴訟→時間・経済的コストがかかる

   筆界特定制度→行政庁による迅速かつ合理的な筆界特定

(2)境界確定訴訟→裁判官が必ずしも判断権者として適さない

   筆界特定制度→筆界(境界)の専門家による主体的な手続関与

(3)境界確定訴訟→専門家への関与が当然には保証されない

   筆界特定制度→専門家の手続への関与

(4)境界確定訴訟→資料の不十分さ

   筆界特定制度→職権による適切かつ必要な資料の収集

(5)境界確定訴訟→当事者対立構造をとっているので隣人関係に悪影響を及ぼす恐れ

   筆界特定制度→隣人関係への影響は少ない

(6)境界確定訴訟→公示の不十分さ

   筆界特定制度→筆界特定の実効性を確保するための措置(公告、通知)


以上6点が境界確定訴訟と筆界特定制度の相違点となっております。

また、期間においては、境界確定訴訟は約2年、

筆界特定制度での標準処理期間は約6カ月が目安となっております。


その他もしご質問等がございましたら、


是非弊社の土地家屋調査士にお気軽におたずねください。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました!



土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所
代表社員  横田 教和

はじめまして~ご挨拶~

はじめまして。

4月に入社いたしました、巴川菜つみです。

これまではジュエリー店の販売員として働いてまいりました。

今までと異なる業界に飛び込み、日々新たな知識に感動しております。

最近始めましたYouTubeの制作にも関わらせていただいております。

多くの人に見て頂けるようなためになるおもしろい動画作りを心掛け

頑張りたいと思いますので、ぜひご覧いただけますと嬉しいです。

では、ご挨拶がてら自己紹介をさせてください。


私は生まれも育ちも現在も東京ですが、

一度父の仕事の関係で小学生のころに4年間大阪にも住みました。

3歳から始めたクラシックピアノは高校・大学・大学院と専門的に勉強し、

今でも継続中で、フリーランスとして演奏活動もしてまいりました。

好きな作曲家はたくさんいますが、中でもショパンリストが好きでよく演奏しています。

鍵盤の端から端まで使う曲は弾いていてストレス解消になります。

練習は大変ですが、根気よく続けることが身についたので、

仕事にも生かしていきたいと思います。

ここでおすすめの一曲をご紹介したいと思います。

朝、どうしてもやる気が起きなくて鬱々した気分になるときがありませんか?

私はそんなときに、ロシア出身20世紀を代表する作曲家である

プロコフィエフピアノ協奏曲第3番を聴きます。

圧倒されるオーケストラパートと絡み合うピアノの熱情的な旋律の2つの掛け合いが

爆発する瞬間が最高にかっこ良く、やる気を後押ししてくれます。

最近では映画化された恩田陸さん原作の『蜜蜂と遠雷』にも登場していて、

クラシックファン以外の方にも親しみやすく人気な1曲となっています。

興味のある方はぜひ聴いてみてください。

 

ピアノの他に好きなことと言えば、父の影響で好きになった野球観戦です。

球場の外野席にて飲むビールが至福の時間です。

応援しているチームのキャンプを見に宮崎まで行ったこともありました。

日本代表戦が一番好きなので、頑張ってチケットを獲得して毎回観戦しております。

 

またお散歩も好きで自宅近くの代官山代々木公園

のんびりしていて大好きなコースです。

ときには愛犬のマルプーを連れて歩いています。

代々木公園ではお弁当を作ってピクニックしたり、芝生でゴロゴロしたり、、、

大都会の中、簡単に自然に触れ合うことができるので大好きな場所です。

 

今、コロナウィルスで世間は緊迫した日々を送っていますね。

どうなるかわからない状態で不安な方も多いかと思います。

私もそのうちの一人です。

一日でも早く収束して、落ち着いた日常が戻ってくることを日々願っております。

皆様も、皆様の大切な方々もご無事でありますように。

では…最後までお読みいただきありがとうございました。

 

土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所  
巴川 菜つみ